MAZDA RX-8 と 通販衝動買いの旅 第1章 (通販商品画像レビューblog) 跡地

『自分が買った物しかレビューしません!!』 免許取り立てで1型FDに乗り、現在は2型RX-8に乗っている20代の隠れアニメ、漫画、フィギュア、電化製品、クルマヲタです。これでも既婚なんです。RSS絶賛稼動中!是非ご活用ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

RX-8純正フォグランプと社外格安HIDキットとの夜間点灯比較画像。

* 安易なマネは他車への眩惑の原因となる場合が有りますのでご注意ください *

* 純正フォグランプHID化をご検討の方は必ず下記記事をお読みになってください *



RX-8のハロゲン式フォグランプをHID化してみよう。 【企画編】
http://namazur.blog46.fc2.com/blog-entry-580.html

RX-8純正フォグランプに格安HIDキットを仮投入。 【試験点灯編】
http://namazur.blog46.fc2.com/blog-entry-611.html  

RX-8純正フォグランプに格安HIDキットを仮投入。 【バラスト仮固定/昼間点灯画像編】
http://namazur.blog46.fc2.com/blog-entry-614.html




って事で早速比較してみましょう。

各画像はDSC-H7(購入時の記事)のオート設定での撮影になります。
その為、ホワイトバランス/絞り/シャッタースピードは完全に同一ではない為単純な比較は出来ません。
またどうしてもデジカメで撮影した画像なので肉眼で見たままの色調、明度を画像に収める事は出来ません。

以上の事をご了承の上ご覧になってください。



車体正面からの画像

左は純正スモール/フォグ点灯画像。 右はHIDフォグ。
DSC09886_R.jpgDSC09959_R.jpg

左は純正ロービーム/スモール/フォグ点灯画像。 右はHIDフォグ。
DSC09885_R.jpgDSC09958_R.jpg

純正のHIDヘッドライトとハロゲンフォグでは当たり前ですが大きな色温度差があります。
しかしHIDフォグと比較した場合はかなり近い(というか、ほぼ同一)の色温度になっています。

また、HIDフォグが照らしている地面のレンガ色が左右で大きく違うように見えますが肉眼では違いは分かりません。
デジカメでは運転席側が青っぽく、助手席側が黄色っぽく見えていますね。
ホワイトバランスや光軸の微妙な違いによりこのように写っていると思われます。

このように肉眼では左右のHIDフォグの色の違いは全く気にならないレベルです。
DSC09942_R.jpgDSC09944_R.jpg
昼間点灯画像はこちらからどうぞ↓
http://namazur.blog46.fc2.com/blog-entry-614.html




フォグの照らす地面の比較画像

左が純正ハロゲンフォグ、右がHIDフォグ。
DSC09887_R.jpgDSC09956_R.jpg
かなり変わっています。
純正ハロゲンが懐中電灯のような光り方をしているのに比べ、HIDフォグの方は蒼白に近いです。
路上の小さな障害物/落下物も発見しやすくなる事でしょう。

ロービームとの同時点灯。 左が純正ハロゲンフォグで、右がHIDフォグ。
DSC09888_R.jpgDSC09957_R.jpg
この画像もホワイトバランスの違いにより「純正ヘッドライト/純正フォグ」組み合わせの方のヘッドライト色が
かなりブルーが強調された画像になっておりますが肉眼ではここまで青くありません。
こんなに青く見えてもヘッドライトは純正の無加工バーナーですから。
点灯直後でバーナーが安定していないので多少青めってのもあるんでしょう。



運転席からの見た目比較画像

左が純正ハロゲンフォグのみ、右がHIDフォグのみの点灯画像。
DSC09894_R.jpgDSC09962_R.jpg
マツダ車の光軸は純正状態ではロー/ハイビーム/フォグ共にどの車種もかなり下向きです。
歩行者、対向車への眩惑防止の為と思われますがそれにしても下向きすぎる。
そのうちディーラーで調整してもらおうと思いつつ早4年以上が経過してしまった・・・。

こちらはロービームとの同時点灯。 左が純正ハロゲンフォグ、右がHIDフォグ。
DSC09895_R.jpgDSC09963_R.jpg



この一連の画像撮影には本当にストレスが溜まった。

このブログでは基本的に『肉眼で見たままに近い状態で画像を撮影する』ってのに重点を置いてるんですよ。
その為屋内で撮影される画像はシャッタースピードは殆ど固定、
絞り/ホワイトバランス/感度は状況に応じ変更しているのですが
屋外での撮影、ましてやフォグランプ等の光源の撮影となるとなかなか難しい事になります。

実は上記一連の画像、ノーマルフォグの画像は空が白み始めた明け方に
HIDフォグの画像は月も出ていない深夜3時頃に撮影した物となっています。
つまり全く撮影環境の異なった状況での比較画像なので単純比較は到底無理です。
肉眼で見たままの画像等撮れる筈もありません。その為に最初から諦めてフルオート撮影してました。

こんな事になるなら左右どちらかだけHIDフォグに交換して撮影すればよかったと激しく後悔しております。
どのみち来年早々に車検があるのでその後にでも片方だけ純正のハロゲンフォグに戻し
今回の比較画像のリベンジを図ろうと思っております。



まぁ一連の画像でなんとなく雰囲気だけでも伝わってもらえれば・・・と思います。
それでは、【他車に迷惑を掛けない純正フォグHID化】はこれでとりあえず一段落です。

後日、バラストを正規固定した時はまた報告させていただきます。
長々と付き合っていただき有難うございました。



過去の各種RX-8ネタへの移動はこちらからどうぞ↓

★【RX-8】 各種DIY記事一覧

★【RX-8】 オーディオ記事一覧

★【RX-8】 内外装自家塗装一覧


拍手する
スポンサーサイト

テーマ:メンテナンス&ケア - ジャンル:車・バイク

  1. 2008/10/06(月) 23:49:29|
  2. 【RX-8】 各種整備画像
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。