MAZDA RX-8 と 通販衝動買いの旅 第1章 (通販商品画像レビューblog) 跡地

『自分が買った物しかレビューしません!!』 免許取り立てで1型FDに乗り、現在は2型RX-8に乗っている20代の隠れアニメ、漫画、フィギュア、電化製品、クルマヲタです。これでも既婚なんです。RSS絶賛稼動中!是非ご活用ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

嫁のラピュタのバッテリー交換をした。

久しぶりの嫁の車いじりシリーズ。 
今回はLAPUTA(スズキのKei-Works/5MTのマツダOEM車)のバッテリー交換をやってみましょう。

バッテリー交換の工賃はカー用品店の場合だと¥500~¥1,500位だと思います。 結構安いですよね。
でも自分で出来るなら自分でやるにこした事は無いです、注意点を守れば誰にでも簡単に行える作業ですから。



今回交換するバッテリーはこちら。
【BOSCHボッシュ PSバッテリー PSB-40B19L】
DSC08438_R.jpgDSC08440_R.jpg
実はこのバッテリー、4ヶ月も前に購入したんです・・・。 (当時の記事はこちら)
作業自体も6月に行っていたんですが記事を書くのをずっと忘れてました!!
画像整理してたら出て来たのでそのまま今回の記事にしてみようと思った訳です、はい。



ではボンネットを開けてみましょう。
DSC08488_R.jpg
ラピュタのバッテリーは車両前方助手席側です、って見れば分かりますよねw
ちなみに赤丸は以前乗っていたFDで短期間使用し、その後押し入れの奥に眠り、
FDの車検が切れたので中古のZZR-400(単車)を買った時にまた付けて使用していた
アリーナホーンのコントロールユニットです。 こう見えて結構物持ち良いんですよ私。

アリーナホーンというのは結構昔に流行った『フアァァァーーーーン・・・』って感じでエコーの残る電磁ホーンですね。
こんなの単車に付けて走ってたなんてセンス無いどころの騒ぎじゃないですね・・・。
若い時ってやっぱり精神力が違いますよね。 なんか色んなベクトルにパワー使ってましたね・・・。

で、軽自動車のホーンって「ミッミィー」って感じの物凄く寝ぼけた音じゃないですか。
んなもんでラピュタが納車されて直ぐこのホーンに交換しました。
商品名不明のこのアリーナホーンは結構優れもので余韻のON/OFFが可能なスイッチが付いており手元に引き込んであります。
現在は通常のホーンとして使用しています。 当然車検対応です。
だからホーンボタン押しても「ファ~ン」とは鳴らずに「ファッ」っと鳴ってくれます。
流石に軽で、しかもこの歳で、更に今時アリーナホーンとなると恥ずかしいんで・・・。



大脱線しましたね、先に進めましょう。
まずはバッテリーの端子を外す為に10ミリのメガネレンチ等を用意します。
DSC08490_R.jpg



はい、ではここでバッテリー交換時の注意事項を。

1. 端子間を短絡させない!
バッテリーのプラスとマイナスを直に繋いでしまうと最悪バッテリーが爆発し硫酸が周囲に飛び散ります。
バッテリーは化学反応で水素ガスを出すのでそれに火花等で引火すると爆発してしまうんですね。
「そんな事誰もやらねーよ」と思ってるそこのあなた、甘い!
ちょっと長めのプラスドライバーを不注意でバッテリーの上に置いたらプラスとマイナス端子を繋ぐ形で短絡して
ドライバーが熱で真っ赤になって端子とドライバーがその熱で溶けて溶接されたような状態になり
外れなくなって激しく焦ったりするんだから注意だ!! (←俺俺、俺だよ)

2. バッテリーを傾けない
バッテリーの中には希硫酸が入っておりこれと極板(二酸化鉛)が化学反応して電気を溜め込んでいます。
鉛が入ってるので小型の物でも結構重いんです。 持ち運ぶ時は注意しましょう。
希硫酸は液体なのでバッテリーを傾けるとこれが水素ガスを放出する為の通気口から漏れ出してしまう訳です。
この液は強酸性の為服に付着すると布が発熱したり、皮膚に付着すると火傷してしまう危険を伴います。
車体に付いた場合は塗装をも侵食してしまいます。
もし付着してしまった場合は速やかに水道水で洗い流しましょう。

3. 車体に搭載している電子機器のメモリ(記憶データ)が消える場合がある
私が使用しているケンウッドのHDDナビもそうですがバッテリーの接続を解除すると設定データが消えてしまいます。
現行の新型ナビや他社製のナビがどうかは分からないんですが注意するにこした事は有りません。
オーディオの場合だと苦労して探し出した音場設定が初期化される可能性もある為
設定したデータを控えておく等対策を取りましょう。
また、RX-8の場合はDSC(Dynamic Stability Control/トラクションと4輪独立ブレーキコントロール)の設定や
パワーウインドーのオート開閉設定が初期化されてしまいます。

4. 有事の際に備えエアバッグ周辺から人や物を遠ざけておく
よほどの事が無い限り車体側バッテリー端子を短絡させてもエアバッグが誤作動する事はありません。
しかし万が一という事も考えられるので出来るだけ近付かないようにしましょう。
パパがバッテリー交換中にお子さんが運転席に・・・とか怖いのでやめてください。 私との約束です。

5. バッテリーを取り外す時はマイナス端子から!
これが一番大事ですかね。
バッテリーが車体に接続されている時、マイナス端子はそのまま車体の金属部分に接地しているんです。
つまり、車体の金属部分には常時マイナスの電気が流れている訳ですね。
その状態でプラス端子にレンチ等を掛けネジを外す場合、車体の金属部分と接触させてしまうと短絡してしまうんです。
これ、結構「バチッ」と激しい火花が散るんで要注意です。 下手したら車の電子機器を破損します。
更に最悪の場合は上で書いたようにバッテリーが爆発します。
そしてバッテリー取り付け時は逆にプラス端子から接続する事!
これもちょっと考えれば分かる事ですが、プラス端子を繋ぐ時にレンチが車体の金属部分に触れても火花は出ませんよね?
車体にマイナス端子が接続されていないので当たり前です、電気は流れません。
そしてプラス端子を繋いだ後にマイナス端子を繋ぐ訳ですがこの時に金属にレンチを接触させても火花は出ません。
マイナス端子を締めてる時には既に車体はマイナスの電気が流れている訳ですから当然ですよね。
マイナスにマイナスを接触させても何も起こりません。


以上5点ですか、これを見て「うわめんどくせー」と思ったらDIYしないが吉です。 素直にプロに任せましょう。
それとメモリ消失の件ですが実は「バッテリー交換用バックアップ電源」ってモノがあります。
大抵のガソリンスタンドやカー用品店、ディーラー等はバッテリー交換時にこれを使用しています。
これはシガーライターから車両に対して電気を供給し
バッテリーが取り外されても各機器への通電を維持しデータ消失を防ぐ為の素晴らしい機器なんです。
でもね・・・価格が・・・。 数年に1度のバッテリー交換にこんな値段は払えません。
一応こういうモノもあるよ? って事で。



つか注意事項を書いて力尽きた!!
続きはまた次回に・・・。



過去の各種RX-8ネタへの移動はこちらからどうぞ↓

★【RX-8】 各種DIY記事一覧

★【RX-8】 オーディオ記事一覧

★【RX-8】 内外装自家塗装一覧


拍手する
スポンサーサイト

テーマ:メンテナンス&ケア - ジャンル:車・バイク

  1. 2008/10/23(木) 01:41:14|
  2. 【RX-8】 各種整備画像
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

10月23日のココロ日記(BlogPet)

ブログ妖精の一割は大抵なんだそうですよ。

*このエントリは、ブログペットのココロが書いてます♪ 拍手する
  1. 2008/10/23(木) 10:26:52|
  2. 『ココロ日記』 と 『俺の日記』
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。