MAZDA RX-8 と 通販衝動買いの旅 第1章 (通販商品画像レビューblog) 跡地

『自分が買った物しかレビューしません!!』 免許取り立てで1型FDに乗り、現在は2型RX-8に乗っている20代の隠れアニメ、漫画、フィギュア、電化製品、クルマヲタです。これでも既婚なんです。RSS絶賛稼動中!是非ご活用ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

レー探設置、及びアンテナ一体型ETCの移設とHDDナビGPSアンテナの埋め込み。

先日のバーナー交換と共に実施した作業です。

大した事はやってないので駆け足で行きましょう。
まずはディーラーオプションナビのGPSアンテナをダッシュボード下に隠します。
こちらがディーラーOPナビを付けた場合のダッシュボード。
DSC03346.jpg
赤丸は既に取り外してしまったアンテナ一体型ETCユニットが貼付けられていた場所で
転がってる配線はそのETCユニットに接続されていた物です。

実はRX-8って「メーカー」OPのナビの場合はダッシュボード上にGPSアンテナを設置しないんです。
「ディーラー」OPの場合はこの画像の位置に貼付けるんですが「メーカー」OPの場合はこの真下にある
GPSアンテナ設置用のスペースに隠して設置するんですよ。

ほら、「メーカー」OPの場合は搭載されるナビが限られておりマツダが実際に受信感度などをテストした上で
「これぐらいの厚さのプラスチック板の下ならGPSアンテナ入れてもおk」って感じで実験データを取っているんですが
「ディーラー」OPや後付けの場合はいちいち各メーカーのGPSアンテナの受信感度をチェックしてるヒマがありませんからね。
ですから各メーカーの推奨する位置(多くがダッシュボード上でアンテナ上部に障害物の無い場所)に貼付けてしまう訳なんです。

でもね、結局それは「保険」であって実際のとこはダッシュボード下に入れても大して受信性能に違いは現れません。
って訳で今回は納車時から5年半ものあいだずーーーっと
入れよう入れようと思ってたけど面倒でやってなかったGPSアンテナ隠し作業を行います。



まずはセンターコンソールを外します。

RX-8のダッシュボードパネルって「その部分だけ」を取り外す事が不可能なんです。
ダッシュボードはエアコン吹き出しパネルの下に埋まっていて、
そのエアコンパネルは純正オーディオユニットに埋まっていて、
その純正オーディオユニットは灰皿に埋まっていて、
その灰皿はセンターコンソールに埋まっていて・・・って感じでマトリョーシカ状態!!
パンダ~1_R1
つまりダッシュボードを外す為にはそれらを全て取り外さないといけないという・・・。


がっ!
DSC03359.jpg
実は既に数週間程前に別件で取り外して部屋に放置してあるので今回はコンソールを改めて外す必要はありませんw

って事でいきなりオーディオユニットが取り外せる状態なんです。
DSC03343.jpg
シフトレバーにぶつけてピアノブッラックのオーディオパネルにキズが付かないように
シフトレバーを4速に入れ、レバー自体に軍手やらぞうきんやらを巻いておきましょう。
手前に「エイヤッ!」と引っ張ればポロッと外れます。
RX-8は(つーかマツダ車全般?)FDの時と同じくFMアンテナのケーブルが短いので引っ張りすぎてぶっちぎらないように注意してね!!!
まぁちぎれる前にコネクタが抜けるけどね・・・。
で、赤丸のプラスネジを外します。

で手前に「エイヤッ!」と引っ張るとエアコンの送風口が外れます。
DSC03344.jpg
RX-8のプラパーツは中々丈夫です。
結構雑に扱っても割れたりしない辺り、FDの頃と比べると大改善されてますねw

はい、送風口が外れたらいよいよダッシュボード固定部のお出ましです。
DSC03345.jpg
赤丸のプラスネジ外します。
そうするとダッシュボードはもうフリーダム領域。俺も宝くじ当てて人生フリーダムに暮らしたい・・・。

ここからは力業です。
DSC03347.jpg
ダッシュボードの手前側を真上に「エイヤッ!」と持ち上げるとベリベリベリーとハメ込みが外れます。
ハメ込みが完全に外れたらあとは軽く手前に引っ張るだけでこのような状態になります。
バカじゃないもん!!





なんかこの記事の書き始めからドラフトワン飲んでたらこの辺から酔っぱらってきた。



で、ここが記事の最初で言ったメーカーOPのGPSアンテナを貼付ける位置なんだけど・・・
DSC03348.jpg
アレ?!


既に両面テープの跡があるー!!!(銀さん風に)
DSC03349.jpg
おいコラ○○マツダ。
てめぇここにGPSアンテナ貼付けてたならそのままにしとけや!!
なにビビって本社の指示通りにダッシュボード「上」に貼付けてんだよwww
つーか貼り直すならテープの跡ぐらい綺麗にしとけよwww

折角なのでダッシュボード上に貼付けてあったアースプレートもハサミで成形して敷いておきます。
DSC03350.jpg
アースプレートって実はスゲー仕事してんだぜ。
こんな形に切ったらほぼ無意味だけどな・・・まぁ下部の反射波ぐらいは防げるだろ。
アースプレートの詳細はこの辺見とけ。

で、アースプレートの上にGPSアンテナ乗っけて・・・
DSC03351.jpg
終了ーー!

ダッシュボードをハメ込む時はコツってのがある。
とにかく叩け!!
ボッコンボッコン叩けばきちんと嵌合するから。



次はレー探の設置。

みんカラのレーダー探知機レビュー見るとメーターの右側に設置してる輩が多いね。
こいつらバカ。マジ。(セパレートタイプ除く)
わざわざAピラーに近い位置に設置とかアホだろ。
こんな分厚い鉄板の横にアンテナ置いたら受信感度が著しく低下する。
それにさ、Aピラー周辺って集中して運転してると目に入らないだろ。意味ねーじゃん。
みんカラの連中はこの辺がバカなんだよ。自分の脳で考えないでみんなと同じ事しようとするのね。

あ?
レー探はファッションで付けてるって?
バカかお前。
こっちは命(と10万円と免停)が掛かってんだよ!!!
どっかの白い流星が言ってるだろ、 「公道最速理論」とか。

常時意識しなくても目に入る位置に設置しなきゃ意味ねーし
オービスや糞パンダが出すレーダーを真っ直ぐ狙える位置じゃなきゃ意味ねーんだよタコスケ!!!

って事でここ。
DSC03352.jpg
車両のセンターに近い位置でなおかつ常時目に入り自分の耳に近い位置。(このバカは音量全開でも音ちいせぇ)

運転中はこんな感じで見える。
DSC03353.jpg
実際の目線はもう少し上でレー探の影はボンネット内に収まってるから前方視界の妨げにもならん。
最強。
ちなみにFDの時はフロントガラスのセンター、ど真ん中に吸盤で貼付けてた。

通常時画面はGPS天空図をチョイス。
DSC03354.jpg
「レーダー探知機は衛星波で常時時計がずれないのが良いですね!」 ←バカか死ね。電波時計でも買ってろ。

とりあえずDC電源はメーター脇に流したけど・・・
DSC03355.jpg
やっぱ汚らしいからそのうちメーターフード外して穴開け加工してスマートにするつもりです。



以上。
なんか酔っぱらってて何書いたか分かんねーから明日見直すわ。
じゃ苺ましまろ読みながらマッサージチェアーに座って寝る。
おやすも。



過去の各種RX-8ネタへの移動はこちらからどうぞ↓

★【RX-8】 各種DIY記事一覧

★【RX-8】 オーディオ記事一覧

★【RX-8】 内外装自家塗装一覧



拍手する
スポンサーサイト

テーマ:カスタム - ジャンル:車・バイク

  1. 2009/09/29(火) 00:49:17|
  2. 【RX-8】 各種整備画像
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。