MAZDA RX-8 と 通販衝動買いの旅 第1章 (通販商品画像レビューblog) 跡地

『自分が買った物しかレビューしません!!』 免許取り立てで1型FDに乗り、現在は2型RX-8に乗っている20代の隠れアニメ、漫画、フィギュア、電化製品、クルマヲタです。これでも既婚なんです。RSS絶賛稼動中!是非ご活用ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

RX-8にサブウーファー搭載計画、「仮」終了。

【過去の関連記事はこちらから】



とりあえず、今日の作業で形に出来ました。
しかしまだ各所の固定も終わってませんし、サブウーファーが付いている板の塗装や隙間を埋める作業、
デッドニングやビビリ対策も行っていません・・・。
あ、そう言えばアンプ取り付け工程の詳細も省いていますね・・・。
まぁその辺は後日チョコチョコ弄って行ってまた報告させていただきます。



今回は【サブウーファーを取り付けるボードの加工】です。

まず材料を買ってきます。
DSC06171_R_R.jpg

下に敷いてある木材はパイン材をベニヤ板で両側から挟んだような物で(正式名称失念)
480*1800*18ミリの物(¥1,800程)をホームセンターで415*725ミリに切断加工(¥150)してもらった物です。
つまり、2枚切り出してもらっていて1枚は予備で使う予定です。

「ウーファーボックスには普通中、高密度繊維板(MDF)だろwww」
と思われる方が殆どだと思いますが私はあえてこれを選択しました。
選択理由は「安かったから」「とりあえず形にしたかったから」ですね。
強度的にもMDFと同一かそれ以上って感じです。防湿面ではMDFを軽く凌駕していると思います。
まぁ、スピーカーを装着する板の加工なんて初めてですし、とりあえず色々データ取りたかったんで・・・。



【EARTH MAN EJS-30】ジグソーです。価格は¥3,000程。
DSC06172_R_R.jpg

ウーファーを入れる為の穴開け加工もホームセンターで頼もうとしたら
1箇所に付き¥1,200と言われたので思い切って買いました。これからも色々使うと思いますし・・・。
鉄、プラ、木材切断用の替え刃も付いてこの値段です。安い。
穴開け加工に合計¥2,400取られると考えればかなり安い物ですね。
オービタル機能も付いてます。(今回は使わなかったけど。)



【ニトムズ クッションソフトテープM形】これは所謂 『隙間テープ』 って奴です。
サブウーファーのフチと板の間の気密を保つ為に使います。
ゴムのような質感と適度な柔らかさ、しかも隙間に密着するM字形状なのに価格は¥400とかなりお手ごろです。
スポンジ状の物でもっと安い物はありますが密着度が低いのでこれにしました。
DSC06173_R_R.jpg



そして【直角定規】¥400程でした。
DSC06175_R_R.jpg



あと、画像を撮るのを忘れましたがサブウーファーを板に固定する為の
【皿頭木ネジ M4*20 100本入り】も買ってきました。¥200程です。
本当は 『オニメナット』 を使った方が板にダメージ無く何回もサブウーファーを着脱できるのですが
今回は「仮」なので・・・。
それと、高いです・・・オニメナット・・・。



では、作業に入ります。



まずコンパスで切断の目安にする円を描きます。  その後、ドリルでジグソーの歯を通す為の穴を開けて・・・
DSC06176_R_R.jpgDSC06177_R_R.jpg


コンパスで描いたラインの真上を丁寧にヴィーーンと切断していきます。
DSC06178_R_R.jpgDSC06179_R_R.jpg



切断のコツはオービタル機能を使わない(0番に設定する)事ですね。
オービタル機能を使うと刃が大きく前後に動くので切断面が滑らかになりません。
今回私は切断面のヤスリ掛け工程も省くのでこれは重要です。
切断スピードも自ずと速くなってしまい修正も掛けづらくなってしまいます。
刃のスピードは低速にして材料を動かさずに膝を材料の上に乗せ固定し
自分が円に沿ってグルグル回りながら切り進めていくとうまく円形に切断する事ができます。
DSC06180_R_R.jpg



そしてサブウーファーのフチ部分、裏側に先程の隙間テープを貼っていきます。
1メーターが二巻き入っていて、合計2メーター。12インチサブウーファーの外周には十分足ります。
私の場合は210ミリ余りました。
DSC06182_R_R.jpg



こんな感じで木ネジで隙間テープと共に締め込んで終了です。
本当は「切断面にヤスリ掛け」したり「防湿塗装」したりするんですがとりあえず無視です。
とにかく形にしてみました。言うなればプロトタイプですね。
今後これを元に改良を加えていく予定です。
DSC06187_R_R.jpg

サブウーファーを表側からビス止めした理由はしっかりと板に保持させたいからです。
どうも木ネジの強度ってのがいまいち信用できなくて・・・。一応8本のネジで止めてはいますが・・・。
今回使った物は板厚が18ミリあるのでこの部分にサブウーファーのフチ部分をピッタリ落とし込み、保持させて
少しでも取り付け強度を稼ぎたかったって事ですね。
計り忘れましたけどかなり重いですから。12インチのサブウーファーは。



しかし最近はカーショップ行ってもこういうでかいサブウーファーは見なくなりましたね・・・。
【チューンナップサブウーファー】とか言って「おしゃれに必要なだけの音圧を・・・スイーツ(笑)」
みたいなのばっかりでした。(こんな事オーディオマニアに言ったらフルボッコって空気ですよ)
私の頭は数年前の音圧競争時代(しかも初歩の初歩)で進化が止まっているので
最近のカーオーディオ事情を見てちょっと寂しい感じがしました・・・。
私の耳と感性と精神年齢がガキなだけなんで許してください><
取り残されてる感アリアリです。


さて、次は楽しい楽しい車体への取り付けなのですが、記事が長くなったので明日更新します。


拍手する

テーマ:カーオーディオ - ジャンル:車・バイク

  1. 2007/11/18(日) 21:34:51|
  2. 【RX-8】 各種整備画像
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<RX-8に軽量/省スペース/低予算/12インチサブウーファー2発搭載計画、第1部【完】 | ホーム | 例の分割配送の送料の件をamazonのヘルプデスクに質問してみた。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://namazur.blog46.fc2.com/tb.php/280-37ffbdab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。