MAZDA RX-8 と 通販衝動買いの旅 第1章 (通販商品画像レビューblog) 跡地

『自分が買った物しかレビューしません!!』 免許取り立てで1型FDに乗り、現在は2型RX-8に乗っている20代の隠れアニメ、漫画、フィギュア、電化製品、クルマヲタです。これでも既婚なんです。RSS絶賛稼動中!是非ご活用ください。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
拍手する
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

俺、PCケースの青色LEDを殺すついでに【WinFast PX8600GT TDH】を分解する。

また分解しました。
今回はファンに付いている青色LEDが明る過ぎる為、輝度を落とします。
ついでにケーブルも多少綺麗に引き直してみます。
DSC07152_R.jpg


こちらが【Nine Hundred】純正のケースファン。
中央部の白いのが青色LEDです。1つのファンに3つ付いてます。
つーか、まだ2週間も経ってないのにファンに付いてるこのホコリの量は・・・。
DSC07156_R.jpg


最初はLEDのライン自体を切ってしまおうかとも思ったのですが勿体無いし
何より「もし」戻したくなった場合に不便なので上から黒い防水ブチルテープを貼る事に。
ちなみに電源ON確認用に手前の1個だけを残し、他のLEDは全て隠しちゃいます。
テープはどこにでも売ってる普通の防水テープです。(1枚目の画像の左側に転がってるやつ)
DSC07157_R.jpg

実は同じ事をエプソンのリアプロにも実施しています。
画面下の電源LEDが青色でこれも目立つんですよ・・・。
操作ユニットを外してユニット裏の基盤にこのテープを挟み込んで輝度を落としています。



ついでなんで気になっていた【WinFast PX8600GT TDH】のヒートシンクを外してみます。
メモリまでカバーしている白い導風板はプラスチックに見えますが実は金属です。
DSC07158_R.jpg


基盤裏、ヒートシンク固定部。この4つのネジを外すと黒いプラスチックパーツも外れます。
最近のVGAって製造年月日まで記されてるんですね・・・。イブイブですな。
DSC07161_R.jpg


そうするとヒートシンクが簡単に外せます。
ファンケーブルを切らないように注意。最初に外しておいた方が良いかもしれません。
サーマルグリスが固着している場合は急激に力を掛けないようにしましょう。
DSC07162_R.jpg


グリスを綿棒で拭き取ると・・・               めちゃくちゃ鏡面加工のチップが登場。
DSC07165_R.jpgDSC07167_R.jpg

この画像だと分かりづらいですけどチップ表面はヒートシンクと密着させる為に物凄くテカテカになっています。
鏡のようで普通に顔が映りこみます。

転がってたサーマルグリスを塗布。これは悪い例、塗りすぎです。
塗りすぎるとヒートシンクにチップが密着せず排熱効率が低下し最悪チップが逝ってしまうので注意。
サーマルグリスは『厚すぎず、薄すぎず』が鉄則。
DSC07169_R.jpg


一度ヒートシンクを取り付け再度取り外し、全体がしっかりと均一に密着しているか確認してから元に戻しましょう。
DSC07171_R.jpg

ちなみにVGAの下に付いているのがこの前買ったLANボードです。
関連記事はこちら↓
俺、P5KオンボードLANが何かおかしいのでギガビットでジャンボフレームなLANボードを買う。
http://namazur.blog46.fc2.com/blog-entry-352.html




ビフォー                            アフター
DSC07127_R.jpgDSC07174_R.jpg


拍手する

テーマ:自作・改造 - ジャンル:コンピュータ

  1. 2008/01/22(火) 23:11:38|
  2. 【PC関連】 画像レビュー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<俺、MicrosoftのUSB指紋リーダー【Microsoft Fingerprint Reader】を買う。 | ホーム | 俺、P5KオンボードLANが何かおかしいのでギガビットでジャンボフレームなLANボードを買う。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://namazur.blog46.fc2.com/tb.php/353-685add0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。